佐秋鋳造所

見学について

  • 日時
    11月 9日(金) 9:30~11:30、13:30~15:30
      10日(土) 9:30~11:30
  • ご連絡いただければ案内がスムーズにできます。
  • 作業内容は日によって違います。どんな作業をしているかは当日のお楽しみ☆

※ツアーや予約の状況により、当日変更する場合があります。

体験について

〇伝統的技法による小皿用鋳型製作、アラレ模様押し体験

  • 日時 
    11月 9日(金) 10:00~ 定員2名(予約制)
    11月10日(土) 10:00~ 定員2名(予約制)
     作業時間 1時間半~2時間を予定
  • 料金 
    8000円(体験料、小皿1枚、送料、消費税込)
    ※同じ鋳型を使用して小皿を4枚まで追加生産できます。
    追加料金 小皿1枚につき3000円(税込)
    ※料金例 
    体験料8000円+小皿追加4枚12000円(3000円×4枚)=20000円
  • 申し込み 
    体験内容、ご予約に関しては電話、またはメールでお問い合わせください。
  • 商品のお渡しについて 
    鋳型製作後、後日当工房で仕上げを行いお客様へお届けします。
    仕上がりは2ヶ月を予定しています。
  • 注意事項 
    前掛け、手袋は用意しますが、多少汚れる作業になります。汚れてもいい服装でお越しください。

販売について

蔵ギャラリー(工房向い)にて販売
【販売商品】
  南部鉄瓶、湯釜、急須、
【営業時間】
  11月9日(金)、10日(土)
  10:00~11:30、13:30~15:30

製品写真

製造風景

会社の紹介

 佐秋鋳造所(サアキチュウゾウショ)
 創業者、初代 佐藤秋雄(サトウアキオ)は当時、羽田にある鋳造所に勤め、「焼型」(伝統的生産技術)による鋳造技法を学び、急須、鉄瓶を製造する。昭和44年に独立し、佐秋鋳造所を開業。2代目 佐藤守巨(サトウモリオ)と共に従事し、徐々に南部鉄瓶主体の生産に移行。2014年に工房を新設。現在は3代目 佐藤圭(サトウケイ)が主に制作。昔ながらの技術を引き継いでいる。

会社案内

佐秋鋳造所

〒023-0132
岩手県奥州市水沢羽田町字小屋敷15-1

電話  0197-23-6663
FAX  0197-23-6663
mail  saakityuuzousyogmail.com

オープンファクトリー 五感市について
 
<日程> 2018年11月9日(金)・10日(土)・11日(日)  

 岩手県県南地域<一関市・平泉町・奥州市>の参加企業に、消費者が直接企業を見学することにより、製品への理解や企業のファンになってもらう取り組みです。
 また企業側にも、消費者目線が養われ、受け入れ体制の整備・社員教育・製品開発のヒントなどメリットがあります。

 岩手県南地域は、世界遺産・平泉もあり、毎年200万人の観光客が訪れております。
 地場産業を見学しながら、歴史・遺跡観光もできる期間になっております。

 <オープンファクトリー五感市>に是非ご来場ください!!
注意事項

  • 工房見学・製作体験については、各社予約優先になっております。必ず事前に予約・空き状況の確認をしてください。団体ツアー予約や各企業の都合で、対応できない場合があります。ご理解よろしくお願いします。  

  • 岩手県南地域は、広範囲のため、各エリアに案内所をもうけております。また、各社紹介ページには、電話・地図・HP等、詳細情報を記載しております。  

  • 各エリア案内所を循環するバスを走らせております。案内所から企業への向うときは、レンタカー・レンタサイクル等、行く先の距離に応じて、各自の自己負担にて対応お願いします。  

  • 見学・体験中の事故・行く先途中の自動車等の事故やトラブルに関して、当実行委員会では責任を負いかねます。