及富

11月 8日(金) 9日(土) 10日(日) 11日(月)
見学 ×
体験 ×
〇交通手段について
主要駅から離れているため、この会社へは
 ・自家用車
 ・レンタカー
でお越しくださるようお願いします。

見学について

開業時間 9:00~17:00 
見学コース以外でのご見学のご相談承ります。
 
★見学コースのご案内
 

◎8日 成型、仕上げ
南部鉄器の型作りから、仕上げまでの工程を見学できます。
午前の部 10:00~ 60分ほど
午後の部 13:30~ 60分ほど
 
※予約者優先 希望人数が多い場合、時間をずらして
予約枠をもうける場合があります。
服装:汚れてもよい服装でおこしください。

 

◎9日 鋳造
<成型、仕上げ>
午前の部10:00~
<鋳造工程>
鉄を溶かして鉄瓶ができるまでの工程をご覧いただける特別な
工程です。ふるってご参加ください。
午後の部 13:00~
 
※予約者優先 希望人数が多い場合、時間をずらして
予約枠をもうける場合があります。
服装:汚れてもよい服装でおこしください。

 

◎10日 <静かな工場見学>
午前の部 10:00~ 
午後の部 13:30~
 
普段はみることができない静かな工場の様子を見学。
この土地で170年続いてきた工房のひっそりとした佇まいを体感。
服装:汚れてもよい服装でおこしください。

体験について

<はじめての南部鉄器の楽しみ方>
お手入れ方法、使い方について知るワークショップです。
南部鉄器にあうお茶、あわないお茶。実はこんな使い方が!?
すでに南部鉄器をお使いの方、お手入れでお困りの方もお気軽にお越しください。

8日(金) 9日(土) 10日(日)
午前の部 11:00~
午後の部 15:00~
参加無料、予約10名まで  

販売について

9:00-17:00

特別販売スペースを設けます。職人による説明を参考にしていただきながら吟味ください。

製品写真

製造風景

会社の紹介

1848年 嘉永元年創業。当代7代目 鉄瓶、急須の製造業を営んでまいりました。
伊達家のお抱え釜師である及川富之進が工房を構え、以来 及富と申します。
1970年には現在の上皇、上皇后陛下のご視察をたまわりました。
近年では史上初の鉄瓶内部の装飾、日本のポップカルチャーとのコラボなど
常識にとらわれず、伝統と革新をモットーに意欲的に制作に取り組んでいます。

会社案内

株式会社 及富

〒023-0105
岩手県奥州市水沢区羽田町宝生57

電話  0197-25-8511
FAX  0197-25-8513
HP    http://oitomi.jp/

<アクセス>
東北新幹線 水沢江刺駅より徒歩10分
JR水沢駅より車で15分
臨時駐車場へのご案内をさせていただく場合がございます。
時間に余裕をもっておこしください。

 
 
オープンファクトリー 五感市について
 
<日程> 2019年11月8日(金)・9日(土)・10日(日)・11日(月)  

 岩手県県南地域<一関市・平泉町・奥州市>の参加企業に、消費者が直接企業を見学することにより、製品への理解や企業のファンになってもらう取り組みです。
 また企業側にも、消費者目線が養われ、受け入れ体制の整備・社員教育・製品開発のヒントなどメリットがあります。

 岩手県南地域は、世界遺産・平泉の中尊寺、毛越寺などもあり、毎年200万人の観光客が訪れております。
 地場産業を見学しながら、歴史・遺跡観光もできる期間になっております。

 <オープンファクトリー五感市>に是非ご来場ください!!
注意事項

  • 工房見学については、基本的には無料、当日飛び込み参加OKとなっております。製作体験については、企業によっては有料だったり、予約優先のところもございますので事前に予約・空き状況の確認をしていただくようお願いします。 また、団体ツアー予約や各企業の都合で、対応できない場合があります。ご理解よろしくお願いします。

  • 各企業への向うときは、レンタカー・レンタサイクル等、行く先の距離に応じて、各自の自己負担にてお願いします。

  • 見学・体験中の事故・行く先途中の自動車等の事故やトラブルに関して、当実行委員会では責任を負いかねます。
イベント期間中のお問い合わせ

一般社団法人世界遺産平泉・一関DMO
地域活性化拠点<一BA(いちば)>

〒021-0882
岩手県一関市上大槻街1-5
電話  0191-48-3838
FAX  0191-345-346
mail  coba.ichinosekigmail.com