磐乃井酒造

11月 8日(金) 9日(土) 10日(日) 11日(月)
見学
体験 × × × ×
〇交通手段について
主要駅から離れているため、この会社へは
 ・自家用車
 ・レンタカー
でお越しくださるようお願いします。

見学について

〇11月 8日 14:00~
 11月 9日 11:00~
 11月10日 11:00~
 11月11日 14:00~
〇1回30名までとし、超える場合は試飲スペースで待機していただき、2班に分けてご案内します。
〇予約制

販売について

〇日本酒の試飲販売(当日限定酒の販売も予定しております。)
〇11月 8日 13:30~15:00
11月 9日 10:30~12:00
11月10日 10:30~12:00
11月11日 13:30~15:00
〇お支払いは現金またはクレジットカードとなっております。
〇贈答用のカートン入りも承っております。

製品写真

〇純米大吟醸真心
〇大吟醸花ぎんが
〇特別純米酒BLACK

製造風景

 品温を均一に、そして成分を均一にして分析値を正確なものにするために、タンク内の醪を攪拌しているところです。

会社の紹介

 当蔵は南部杜氏のふる里・岩手県の最南端に位置しております一関市花泉町にあります。花泉町は岩手の中では温暖な気候に恵まれ、昔から米作りが盛んな地域です。
 大正六年(1917年)に花泉地方の七つの村の175名が株主となり設立され、どぶろくの密造の防止や地元の農家の冬の働き場所の創出を目的に公共性を帯びた地場企業として発足しました。現在でも花泉町内を中心に株主が194名おり、日本酒業界では珍しく、家業ではなくまちの企業として存続しております。  
 創業以来、地域に根ざした酒造りを目指しており、現在でも地元花泉町産の米を中心に使い、地元の水で仕込んでおります。当蔵の年間製造石数は250石(一升瓶換算で2万5千本)です。そのうちの約5割が普通酒で、日々の晩酌酒として地元の方々にご愛飲いただいております。
 当蔵の造りの期間は冬場の11月から3月までで、社長をはじめ社員と地元の米農家の計5名で酒造りをしており、磐乃井の味である、米の旨味が感じられ、すっきりとキレのある飲み飽きしない酒を目指しております。

会社案内

磐乃井酒造株式会社

〒029‐3205
岩手県一関市花泉町涌津字舘72

電話  0191-82-2100
FAX  0191-82-2101
HP    http://www.iwanoi.co.jp/
mail  infoiwanoi.co.jp

 
 
オープンファクトリー 五感市について
 
<日程> 2019年11月8日(金)・9日(土)・10日(日)・11日(月)  

 岩手県県南地域<一関市・平泉町・奥州市>の参加企業に、消費者が直接企業を見学することにより、製品への理解や企業のファンになってもらう取り組みです。
 また企業側にも、消費者目線が養われ、受け入れ体制の整備・社員教育・製品開発のヒントなどメリットがあります。

 岩手県南地域は、世界遺産・平泉の中尊寺、毛越寺などもあり、毎年200万人の観光客が訪れております。
 地場産業を見学しながら、歴史・遺跡観光もできる期間になっております。

 <オープンファクトリー五感市>に是非ご来場ください!!
注意事項

  • 工房見学については、基本的には無料、当日飛び込み参加OKとなっております。製作体験については、企業によっては有料だったり、予約優先のところもございますので事前に予約・空き状況の確認をしていただくようお願いします。 また、団体ツアー予約や各企業の都合で、対応できない場合があります。ご理解よろしくお願いします。

  • 各企業への向うときは、レンタカー・レンタサイクル等、行く先の距離に応じて、各自の自己負担にてお願いします。

  • 見学・体験中の事故・行く先途中の自動車等の事故やトラブルに関して、当実行委員会では責任を負いかねます。
イベント期間中のお問い合わせ

一般社団法人世界遺産平泉・一関DMO
地域活性化拠点<一BA(いちば)>

〒021-0882
岩手県一関市上大槻街1-5
電話  0191-48-3838
FAX  0191-345-346
mail  coba.ichinosekigmail.com